飛行機へ充電器の持ち込みは大丈夫?飛行機に充電器やモバイルバッテリーを持ち込む時の注意点

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

飛行機に乗る前に充電器を持ち込みしても大丈夫か気になりますか?

飛行機で充電器が発火して緊急着陸したというニュースもありました。

安心してください!

コンセント式の充電器とモバイルバッテリーの両方共持ち込みできます!

飛行機に乗る時に充電器をどうするか、注意しなければいけないことをまとめました。

飛行機に充電器は持ち込みできます!

駐機している旅客機

飛行機に充電器は持ち込みしても問題ありません。

コンセント式の充電器もモバイルバッテリーも、モバイルバッテリーを充電するためのケーブル類も大丈夫です。

コンセント式の充電器を持ち込みたい

充電中のイラスト

コンセント式の充電器をはそのままかばんの中に入れて持ち込みOKです。

国内線、国際線の両方共に制限はありません。

スマートフォン、携帯電話、パソコン、タブレット、全ての充電器の持ち込みが可能です。

新しい飛行機では各座席にコンセントやUSBが付いている機種もあります。

移動中に充電することもできるので便利になりました。

モバイルバッテリーを持ち込みたい

モバイルバッテリーで充電中のイラスト

モバイルバッテリーを持ち込む時は注意が必要です。

国内線、国際線の両方共にモバイルバッテリーの持ち込む際はバッテリーの容量によって個数制限が設けられています。

個数制限は、「100Wh以下は制限なし」、「100Wh~160Whは2個まで」です。

160Wh以上の容量のモバイルバッテリーはは持ち込めません。

単位が良くわかりませんね…

モバイルバッテリーの単位、mAhでいうと、

  • 約27,000mAh以下は制限なし
  • 約27,000mAh~約43,000mAh

は2個までです。

市販されているモバイルバッテリーの多くが5,000mAh~10,000mAh前後です。

一般的に使うモバイルバッテリーでしたら制限無く持ち込めます。

もちろん、モバイルバッテリーを充電するためのコンセント式充電器も持ち込み可能です。

充電式電池を持ち込みたい

電池のイラスト

エネループなどの充電式電池を持ち込みも可能です。

単三充電式電池は1本2,000mAh前後ですので特に制限無く持ち込むことができます。

コンビニなどで売られている簡易式の充電器に入っていても大丈夫です。

乾電池やボタン電池も持ち込みしても大丈夫です。

充電器を預け入れ荷物に入れる時の注意

スーツケースのイラスト

充電器を機内で使わないから預け入れ荷物に入れたい時は注意が必要です。

コンセント式の充電器は全て預け入れ荷物に入れて大丈夫です。

モバイルバッテリーは預け入れ荷物には入れてはいけません。

なぜモバイルバッテリーが預け入れ荷物に入れれない理由

ほとんどのモバイルバッテリーはリチウムイオン電池が使われています。

リチウムイオン電池は大きな衝撃や、高温になると発火する恐れがあるためです。

飛行機で充電中に発火して緊急着陸したニュースも、機内で使っていたリチウムイオン電池が発火したためです。

ここ数年の飛行機事故の半分以上がリチウムイオン電池が原因で起きています。

そのため、国際民間航空機関(ICAO)がリチウムイオン電池を危険物と認定し、禁止令を出しました。

こんな物も預け入れ荷物に入れることができません

リチウムイオン電池が内蔵されている電子機器類も預け入れする時には注意してください。

  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ
  • ノートパソコン
  • 携帯ゲーム機
  • スマートフォン本体
  • タブレット
  • 充電式ドライヤー
  • 全自動ひげ剃り
  • ボタン電池

上記の物やリチウムイオン電池が内蔵されている電子機器類は預け入れ荷物に入れてはいけません。

デジタルカメラや、ビデオカメラだけは例外になることもありますが、預け入れ荷物に入れて壊れたりするよりは手荷物で持ち込みした方が確実に現地へ持って行けます。

もし、預け入れ荷物に入っていた場合は空港で荷物を預ける前に出すように言われます。

最悪の場合、預けた荷物が目的地に届かないこともあります。

海外で充電器を使う時の注意

飛行機で海外に充電器を使う時は注意してください。

国によってコンセントの形が違います。

電圧も違うため、形が一緒でも充電できないこともあります。

コンセントの形

いろんなコンセントの形

日本のコンセントの形はタイプAと呼ばれています。

アメリカやカナダなどはタイプAですのコンセントが主流ですが、電圧が違います。

他の国では様々な形のコンセントが使われていて、形が統一されていない国もあります。

そこで、海外に行く時はコンセントアダプターを持って行ってください。

国別の物と、いろいろな国のコンセント形状に対応する物が売られています。

空港でも買えますが、高いので事前に電器屋さんやネット通販で買うことをオススメします。

コンセントアダプター

コンセントアダプターの正面からの写真

こんな感じでいろんな形状のコンセントが挿せるようになっています。

コンセントアダプターの側面からの写真

刺す方は収納式になっていて、いろんな形状のコンセントに挿せます。

電圧の違い

日本の電圧は100Vです。

同じタイプAですのコンセントと北米は120Vです。

240Vもの高電圧がコンセントから流れている国もあります。

電圧が違うため、機器によっては故障することがあります。

そのため、コンセントアダプターを使って使う前に使う機器の許容電圧を確認してください。

コンセントや機器、機器の説明書などに記載されでいます。

iPhoneなどのUSB充電器

iPhoneの充電器
iPhoneの充電器にはコンセントの金具の上にうっすらと100~240Vと記載されています。

androidの充電器

アンドロイドの充電器にも小さく100~240Vと記載されています。

汎用USB充電器

別売りのUSB充電器にも100~240Vと記載されています。

100~240Vと記載のある充電器はコンセントアダプターを使えば世界中で使うことができます。

パソコンの充電器

DellのACアダプター
Dellのノートパソコンの充電器にも100~240Vの記載があるので海外のコンセントに挿しても大丈夫です。

ドライヤー

ドライヤーのコンセント

ドライヤーのコンセントには125Vとしか書かれていません。

アメリカやカナダではそのまま使えますが、他の国でコンセントアダプターに挿して使うと動かなかったり、壊れたりします。

書いていない機器

多くのコンセントには金具の近くやACアダプター本体に使える電圧が記載されています。

古い電子機器や電化製品には記載の無い物もあります。

書いていない物は海外へ持って行くのは止めておきましょう。

まとめ

充電器、モバイルバッテリーは共に機内への持ち込みは大丈夫です!

モバイルバッテリーには個数制限もありますが、一般的に使われているモバイルバッテリーは何個でも持ち込みできます。

また、コンセント式の充電器は預け入れ荷物に入れても大丈夫です。

モバイルバッテリーはリチウムイオン電池を使っているため預け入れ荷物には入れれません。

他にもパソコンやタブレットなどリチウムイオン電池が内蔵されている電子機器は預け入れ荷物に入れることができません。

飛行機に乗る時は電子機器類を預け入れ荷物に入れずに手荷物で持ち込むのが一番確実です。

飛行機で海外に行って、充電器を使う時はコンセントプラグや充電器の電圧を確認してから持って行ってください。